コミュ障に悩む人に贈る、距離感を掴むコツ

こんにちは!kei_tamです!

人と接する時の距離感の掴み方が分からないよ、、

今回は、コミュ障の人にありがちなこの悩みを解決します。

コミュ障に悩む人に贈る、距離感を掴むコツ

  • 「どのくらい仲良くなったらご飯とか誘っていいんだろう?」
  • 「今日の自分の発言、ウザいと思われてないかな?」
  • 「LINEの返信がぜんぜん来ない。嫌われちゃったかな」
  • 「あの人はいつも誰かに誘われるのに、自分は誘われないんだよな」
  • 「自分と同じようなタイプの人が職場にいるんだけど、自分と違ってなぜか先輩から愛されてる…」
  • 自分と違って明るいタイプの同僚。趣味や性格が合わないから何を話せばいいか分からない
  • 上司と口を聞くのが怖くて、質問がしづらい

こんな風に、人との距離感について悩んだ経験はありませんか?

人との距離感の掴み方って難しいですよね。

相手の気持ちって目に見えないから分からないし、仕草とか表情から感情を読み取れるほど器用じゃないし。
圧倒的に自分の思った通りにいかないことの方が多い。

「それだったらいっそ、人と関わらない方が楽でいいよな。」

そう思って一人の時間を肯定するのだけれど、しばらくするとやっぱり寂しくなって、孤独な自分という劣等感に苛まれる。

昔の自分はこれを繰り返していました。
でも、一冊の本を読んで考え方がガラッと変わったんです。

他人の人生を生きるのはやめる

その本がこちら↓

この本から学んだ教え。それは、
「自分軸で生きる」
ということでした。

自分の思ったこと、やりたいことを素直に受け止めて尊重すること。
…といってもピンとこないかもしれません。逆に考えると分かりやすいです。

「自分軸で生きる」の逆は「他人軸で生きる」。

例えば、コミュ障の人が抱きやすい「恥ずかしい」という感情。
これって自分が恥ずかしいんじゃなくて、「他人にどう思われているか」気にするから恥ずかしいんですよね。

それから、何かしたいことがあって「でも、だって、やっぱり無理でしょ」そんな否定形の言葉が頭に浮かんだ時も要注意。
なぜ否定形になってしまうかというと「周りに自分のしたいことをしている人がいないから」ではないですか?

そう、どちらも「他人から見た自分」というベクトルがある。
それが他人軸で生きている状態です。

もう一度はじめに挙げた例を見てみてください。

  • 「どのくらい仲良くなったらご飯とか誘っていいんだろう?」
  • 「今日の自分の発言、ウザいと思われてないかな?」
  • 「LINEの返信がぜんぜん来ない。嫌われちゃったかな」
  • 「あの人はいつも誰かに誘われるのに、自分は誘われないんだよな」
  • 「自分と同じようなタイプの人が職場にいるんだけど、自分と違ってなぜか先輩から愛されてる…」
  • 自分と違って明るいタイプの同僚。趣味や性格が合わないから何を話せばいいか分からない
  • 上司と口を聞くのが怖くて、質問がしづらい

これらの考えの裏にはすべて「相手は自分のことをどう思っているか」というベクトルが存在していますよね。

これを取っ払うこと、それが人との距離感を掴みやすくするコツです。

自分のやりたいことを優先する

仲良くなりたいなら、
自分嫌われちゃったのかも、と思ったらそれを相殺するような行動をとる。
LINEの返信が来なくても、嫌われたかどうかは分からないから待ってみる。
誘われたいなら、自分から誘う。

こうやって自分のしたいことをする。
それでダメだったら、引く。

相手の考えや思いなんて完全に理解するのは不可能なんだから、悩んだってしょうがない。

人との距離感を掴むには、まず自分からみること。
そうしないと結果は分からない。

そのために、自分の思いをまず優先してみてください。
それが今回お伝えしたかったことです。

それでは、みなさんの人生が前向きになることを祈って!
See you next time!

ABOUT US

ケイタム
1990年2月生まれ みずがめ座 経歴:早稲田大学→音響系EC会社の海外調達部署→Web広告代理店にて広告運用 趣味:音楽、競馬、読書、カメラ、アウトドア、ラーメン屋めぐり 好きなアーティスト:スピッツ/King Gnu/サザンオールスターズ/Fishmans/きゃりーぱみゅぱみゅ/The Beatles/Jamiroquai/Two Door Cinema Club/Oasis/Friendly Fires/Foster the People/Grouplove/ワインレッドの心 好きな馬:キセキ