Meetupとは?【コスパ最高の国際交流アプリ】

こんにちは!kei_tamです!

このブログでは主に英語を学習する社会人のみなさんへ向け、英語学習に役立つ情報発信をしています。

Meetupってなーに?

はじめてMeetupに参加してみようかなと思っている方へ、Meetupってどんなサービスなのかご紹介します!

Meetupとは?

一言でいうと
同じ趣味を持つ人同士のゆるい集まり
です。

“Meetup”という単語は直訳すると「交流会」といった意味ですが、一般的にはアメリカ発祥のイベントポータルアプリ『Meet up』のことを指します。

これ、英語を学習している人は使ってないともったいないレベルのアプリです!

Meet upの仕組み

オーガナイザーと呼ばれる発起人がグループを立ち上げ、リアルイベントの参加者を募集するポータルが『Meet up』です。
つまり『Meet up』は人を集める掲示板のイメージ。

ちなみにこのオーガナイザーさんは基本的に法人などではなく、一般の方です。

イベントの内容も国際交流会、フットサル、ハイキング、コーヒーの淹れ方講座などさまざま。
その中でも、最もグループの数が多く開催頻度も多いのが国際交流系のイベントです。

なぜかというと、Meet upは海外発祥のアプリということもあり、海外では一般的に使われるものの日本ではそれほど知名度高くないからです。

なので日本に滞在している外国人が、友達や仲間を作ったり、英語を話せる者同士で楽しく飲むために利用する側面が大きいのです。
ここでは、国際交流イベントとしてのMeet upの話に絞ってお伝えします。

Meet upに参加するメリット

Meet upのイベントに足を運ぶメリットには次のようなものがあります。

英語が話せる

英語を学習している人ならば分かってくれるかと思うのですが、国内で好きな時に外国の人と気軽に英語を話せる場所って意外に少ないですよね。

英会話スクールは王道ですがそれなりの月謝が掛かってきますし、あくまで先生と生徒の関係なので英語を「使う」というより「学ぶ」がメイン。

オンライン英会話は素晴らしいサービスだけれど、リアルじゃないのが欠点なんですよね。
英語を話せる場としては他にも英会話カフェもありますが都内でも店舗数はかなり少ない。
本当は外国人の友達を作るのが最も効果的なのですが、とはいえこれが一番ハードが高い。

そんな時にMeet upです!

一回500円~1500円ほどで参加でき、外国の人も多く参加していて、英語を使ったコミュニケーションを楽しむことができます。

「英語を使う機会が欲しい」人にはうってつけのアプリです!

人脈が広がる

共通の興味を持った人が集まるので、圧倒的に仲良くなりやすいです。

実際に僕が社会人になってから作った友達の多くはこのMeetupがきっかけです。
外国の方も、日本人もです。

好きな時に気軽に参加できる

仲間を見つけるためのゆるい集まりなので、参加やキャンセルは自由です。

あまりやってはいけないですけど、ドタキャンしてもペルティなどはないです。

僕も昔は人見知りだったので、会場まで来たもののヒヨって引き返したことありました(苦い思い出…)。

参加費が安い

参加費は一回500円〜1000円+ドリンク代とといった感じ。

軽く勉強になって、人とも出会えて、スキマ時間を有効に使えてこの値段、コスパ最強です。

毎日のように各地で開催される

たとえば、用事があって渋谷に出た時に、その前の空き時間を使ってサクッと参加したりできます。
終わりの時間まできっちりいなくてはいけないということもないので、好きな時に出てOK。

遅れての参加も大丈夫なのですが、すでに盛り上がっているグループに後から入っていくのはなかなか気まずかったりするので、始まりの時間は守った方が良いでしょう(そのイベントによります)。

ちなみに、外国人は平日に多いらしいと主催者の人に聞いたことあります。

英語が話せなくても大丈夫

Meet upは英語を話したい日本人と、日本語を話したい外国人が集まる場です。

なので日本語も許容されるから「英語話さなきゃ」というプレッシャーがいらないです。
これはまだ英会話に自信がない人にとっては大きなメリットですよね。

「言いたいことがあるのに英語の言葉が出てこない」時は日本語で言えば周りの人がけっこう助けてくれますよ!

Meet upで気を付けたいこと

Meet upはメリットの方が圧倒的に多いですが、少し気を付けたいポイントもあります。

ネットワークビジネスの勧誘がゼロではない

特に夜の時間帯に開かれる比較的大規模なイベントではそういう目的の人がいることがあります。

僕も実際に出会ったことあります。
ただそういう人は、人と連絡先を交換することが目的なので、英語が全然しゃべれなかったり英語や海外にあんまり興味なかったりすることが多いです。

日本人ばかりの場合もある

特に外国の方と日本人の人数比率を調整して開催されるというわけではないので、「参加してみたらほぼ日本人」ということもままあります。

そんな時は、今後に繋がる人脈を広げようという姿勢で参加してみると有意義かなと思います。

ちなみに、英語をしっかり話したいなら朝や昼に開かれるイベントが良いです。
人も少ないので、テーブルに分かれてしっかり話せることも多いですし、先ほど書いた通り外国人の割合が多いのは日中と言われています。

夜は人数が多くなる分、飲み会に近い状態なることが多いですね。
なので人脈を広げるのが目的なら夜の方がおすすめです。

おわりに

それでは、この記事のおさらいです。

  • Meet upとは?
    同じ趣味を持つ人同士のゆるい集まり
  • 参加するメリット
    ①英語が話せる
    ②人脈が広がる
    ③好きな時に気軽に参加できる
    ④参加費が安い
    ⑤毎日のように各地で開催される
    ⑥英語が話せなくても大丈夫
  • 気を付けたいこと
    ①ネットワークビジネスの勧誘がゼロではない
    ②日本人ばかりの場合もある

Meet upは英語の勉強になって、人との出会いもあり、スキマ時間を有効に使えてコスパも良い。
英語や海外に興味がある人はぜひ使って、人生を広げて欲しいなと思います。

それでは、みなさんの人生が前向きになることを祈って!
See you next time!

ABOUT US

ケイタム
1990年2月生まれ みずがめ座 経歴:早稲田大学→音響系EC会社の海外調達部署→Web広告代理店にて広告運用 趣味:音楽、競馬、読書、カメラ、アウトドア、ラーメン屋めぐり 好きなアーティスト:スピッツ/King Gnu/サザンオールスターズ/Fishmans/きゃりーぱみゅぱみゅ/The Beatles/Jamiroquai/Two Door Cinema Club/Oasis/Friendly Fires/Foster the People/Grouplove/ワインレッドの心 好きな馬:キセキ