コミュ障に効く薬はあるのか【体験談】

こんにちは!kei_tamです!

コミュ障に効く薬ってあるの??

今回はこの疑問に答えたいと思います。

僕自身も発達障害グレーゾーンを抱え、人間関係が苦手、運動が苦手、会話も苦手、とコンプレックスばかり抱えて生きてきました。
20代後半でようやく自分に自信を持てるようになるまで人生の2/3以上はずっとコミュ障。
自分が嫌いで、そんな自分を変えたくて、たくさん本を読みましたし試行錯誤してきました。

その頃の僕も思っていました
「コミュ障に効く薬」ってあるのかな?
特効薬でなかったとしても、継続して服用すればコミュ障が改善するような薬があったら手に入れたいと。

それから様々な情報を調べたり経験する中で至った結論は、

コミュ障の原因が発達障害なのであれば効く薬は存在する
ただし万人に効果があるとは限らない
しかし、薬の服用と同じ効果をもたらすお金を掛けず誰でもできる改善方法がある。

それでは、詳しく説明していきます。

コミュ障は脳の問題である

まず前提として、コミュニケーションがうまく取れないのは、自分の努力が足りないからではなく、脳の機能の問題だと捉えるべきです。

脳の前頭葉と呼ばれる部位がコミュニケーションに関する能力を司っています。
発達障害やうつ病といったメンタル的な病気を抱える人は、この前頭葉の働きに何かしらの問題があると研究で分かっています。

その点で、コミュ障も軽度な前頭葉の問題と言えますよね。

そこで重要になってくるのがドーパミン・ノルアドレナリン・セロトニンといった物質。
これらが前頭葉に作用することによって、気分感情といったメンタルが左右されるのです。

3つの物質の量が少なければ人はネガティブになり、逆に多ければポジティブになれるというわけ。
ポジティブで簡単に折れないマインドでいられれば、人と積極的に関わることができる。
したがってコミュニケーション力の鍵もこれらの物質が握っているということです。

ドーパミン・ノルアドレナリン・セロトニン
2000年代の脳科学ブームがあってから世間的にも注目を浴びている物質ですので、結構メディアのニュースや記事にも登場します。覚えておくと良いでしょう。

発達障害であれば薬はある

発達障害=社会生活に支障をきたすレベルであれば薬はあります。
ADHDに効くコンサータ・ストラテラなどがそれです。

これらの薬は市販薬ではないので、手に入れる方法としては精神科または心療内科にかかり、処方される必要があります。

そしてこの薬は、先ほど紹介した脳内のドーパミン・ノルアドレナリンの量を増やす薬なんです。
ドーパミン・ノルアドレナリンが前頭葉の働きを活性化させます。

誰しも嬉しいことがあった時や、気分がハイになったときに、人に対して積極的になれたりする経験があるかと思います。
そういった気分・感情を作り出している張本人がドーパミンといった物質なのです。

お酒を飲んで酔ったときとか特にそうですよね。
実際、アルコールはドーパミンを分泌させる(正確にいうと分泌のブレーキをバカにさせる)働きがあるから気持ち良いそうです。
※幻冬社Webマガジン『お酒がやめられないのは「脳内麻薬」のせいだった!』の記事が詳しいです。

話がそれましたが、コンサータ・ストラテラといった薬を飲むことで効果が表れる人は、「頭の中の靄が晴れるような」感覚があり、思考がクリアになり人とのコミュニケーションが楽になるそうです。

ちなみに僕も以前ストラテラを処方され数ヶ月飲んでいたことがありますが、あまり変化は感じられませんでした。

人によって効く効かないの違いもあるのと、実は心臓に負担がかかるなどのリスクもある薬ですので、安易にすがるのは避けたほうが良いです。

薬に頼らないコミュ力改善方法:有酸素運動と音読

薬に頼らないコミュ力改善方法を2つ紹介します。

有酸素運動

なぜ有酸素運動が良いのか
脳科学関連の本としてヒットした『脳を鍛えるには運動しかない』の中で次のように書かれています。

脳の上位にある前頭前野において、運動は、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン、BDNF、VEGFとった、これまで挙げた全ての化学物質を調節して、わたしたちの自己概念を変化させる。とは言っても、抗うつ剤とは違って、それらの化学物質のどれかを選んで作用させるわけではない。運動は脳全体の化学反応を調節して、信号を正常に戻すのだ。そうやって前頭前野をがんじがらめの状態から解放して、好ましい情報を記憶できるようにし、うつの悲観的な思考回路から脳が抜け出せるようにする。

『脳を鍛えるには運動しかない』ジョンJ,レイティ

うつ病に対する運動の効果についての節を引用したので少し難しい表現になっていますが、要は運動することで脳内物質が調節されてポジティブなマインドに書き換えられる、ということです。
前頭前野とは前頭葉の一部。海馬という記憶や感情に関わる装置がある部位のことです。

「ドーパミン・ノルアドレナリン・セロトニン」これらの調節を薬に頼らず、しかも特定の物質だけでなくすべてをバランスよく引き上げることができるというのです。

もちろんお金も掛かりませんし自分一人でも出来るので、やらない手はありませんね!

本書のなかで勧められているのは、有酸素運動を30分以上。
強度の高いスポーツではなく、ジョギングなど少し息が上がるくらいの運動が良いそうです。

実際に僕もジムに通いはじめてから気分が良くなったり、寝つきが良くなったりといった好ましい変化を体験してきました。
習慣にすれば、きっと人生も変わるはずです。

音読

これも運動のように前頭葉の働きを活性化させる作用があります。

ただ頭の回転を上げる面には効果があるのですが、運動のように気分感情のコントロールにはあまり効果はないです(経験上)。

なので運動をベースに+αとして取り組むと良いかと思います。

音読については別の記事で詳しく書いたので、そちらも参考にしてみてください。

コミュ障の改善に「音読」って効果あるの?【解説します】

コミュニケーション技術を身につける

運動や薬の効果によって脳が活性化され、自信を持って人と向き合えるようになる。
そうなれば、「対人関係が苦手」という負の感情から脱することができます。

そうしたら次にすることは、ようやく「具体的なコミュニケーションの技術を身につけること」です。
会話術とかモテる技術とか、そういったテクニックです。

コミュ力を鍛えたいと思った時、よく「会話の途切れない話し方」などテクニックな部分から入る人が多いですが、まずは上記のようにメンタルを整えてからの方が絶対良いです。

まさに昔の僕がそうだったのですが、
「自分は会話苦手だから」そういうネガティブ思考がある精神状態だと、人と関わる前に自分から一歩引いてしまっているので、人と対等なコミュニケーションがそもそもとれないんですよね。

さて、会話の仕方については、次の記事にまとめているので、よければ読んでみてください。

【コミュ障に悩む人へ】口下手を改善させるたった一つの秘訣

今回は以上です、読んで下さりありがとうございました。

それでは、みなさんの人生が前向きになることを祈って!
See you next time!

ABOUT US

ケイタム
1990年2月生まれ みずがめ座 経歴:早稲田大学→音響系EC会社の海外調達部署→Web広告代理店にて広告運用 趣味:音楽、競馬、読書、カメラ、アウトドア、ラーメン屋めぐり 好きなアーティスト:スピッツ/King Gnu/サザンオールスターズ/Fishmans/きゃりーぱみゅぱみゅ/The Beatles/Jamiroquai/Two Door Cinema Club/Oasis/Friendly Fires/Foster the People/Grouplove/ワインレッドの心 好きな馬:キセキ