NHKラジオ『入門ビジネス英語』の始め方【まとめ】

こんにちは!kei_tamです!

このブログでは主に英語を学習する社会人のみなさんへ向け、英語学習に役立つ情報発信をしています。

NHKラジオの『入門 ビジネス英語』を始めようかな!

そう思っている方へ、

「どんな内容なの?」
「どんな人におすすめ?」
「うまい使い方は?」

以上のようなことが分かる記事になっています。

僕自身、15年くらい英語の勉強をしてきた中で一番優れた英語教材だと思ったのがこのNHKラジオ講座です。
NHKゴガク講座をおすすめする理由はこんな感じです。

おすすめの理由7つ
  1. 英会話に必要なすべてのインプットがカバーできる
    音読、リスニング、英作文、フレーズ学習、語彙力、イントネーションなど英会話に必要なトレーニングがオールインワン!
  2. コスパ最強
    テキストは1ヶ月につき1冊で500円以下!もちろん放送は無料です。
  3. 学習を続けやすい
    定期配信なので学習ペースを保ちやすい。英語上達のカギは「継続」です。
  4. テキストが薄い
    1回の放送は5〜15分と短い。またテキストが薄いので勉強に向かう心理的負担が軽い。
  5. どんなレベルでもOK
    中学英語からビジネス英語まで、どんなレベルの学習者にも対応できる13講座が用意されている。
  6. 聞き逃しても大丈夫
    実は放送日に縛られる必要がありません。「NHKゴガク」というアプリを使えば過去一週間分の放送が、HPでは放送日から約2ヶ月間がいつでも聴き放題。どうしても過去の放送を聴きたければ音声をCDまたはダウンロードもあり。
  7. 教材としての質が異常に高い
    なんと初回放送は1926年という長きに渡り続いてきたNHK語学講座だからこその高いクオリティ。講師にも『一億人の英文法』の著者である大西 泰斗さんや『難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!』のスティーブ・ソレイシィさん、関根麻里さんなど有名な方々が名前を連ねます。

それでは『入門 ビジネス英会話』の内容に入っていきます!

NHKラジオ『入門 ビジネス英語』の始め方

はじめに、基本情報です。

  • 対象のレベル:中級
    TOEIC 500~700点で読み書きはある程度できて、仕事で英語を使いたいor使う予定がある人向け。
    使われる単語・文法は高校レベル。
  • プログラムの目標:ビジネスのさまざまな局面で円滑にコミュニケーションを取り、自信を持って英語が使えるようになるための表現とビジネスマナーを学ぶ
    参考書などでよくあるビジネスシーンで「使いそうな会話」ではなく、「実際に使われるであろう会話」を想定してテキストが作られており、入門とはあるものの実践で使える本格的な内容です。
  • 配信:NHKラジオ第2 週2回 / 1回15分
  • 放送日:
    月曜・火曜 午前9:15~9:30
    再放送: 月曜・火曜 午後0:40~0:55
    再放送: 月曜・火曜 午後11:20~11:35
    再放送: 土曜 午前10:30~11:00(2回分)
  • 魅力:とにかく実際のビジネスの場で使える英語が効率的に学べる
  • 公式HP
    入門 ビジネス英語』公式HP
  • テキストの購入場所
    全国の書店、AmazonKindleなど電子書籍

『入門 ビジネス英語』はどんな内容?

毎回1つのテーマに沿った1ページ程度の短いストーリーが用意されており。その会話文に盛り込まれた、覚えておきたいビジネスフレーズ、その類似表現、単語、会話で意識したいポイントなどを学びます。

内容はビジネス英語の参考書にありそうなオーソドックスな形ですが、フレーズ単位ではなく、会話文単位で学習していくのがポイントです。
バラバラのフレーズではなく、短いストーリーとなっている会話文の方がリアルな会話に近いので学習効果が高いのではないかと思います。

たとえば次のような感じです。
この講座で使用される語いのレベルもここで確かめてください。

ある日のテーマ
  • テーマ:
    「要点を強調する」
  • ポイント:
    Here’s the bottom line 「ここがいちばん重要なところです。」
    ex. The bottom line is that we won the bidding.「重要なのは入札に勝ったということです。」
  • 類似表現
    Here’s the thing. 「つまり、こういうことです。」

別の日のテーマ
  • テーマ:
    「部分的に賛成する」
  • ポイント:
    I agree to some extent
    ex. This component improves the sound quality to some extent.「この部品によって音質はある程度改善します。」
  • 類似表現
    I agree to a certain degree. 「ある程度は賛成です。」

この講座で学べるのは「発信型の英語」です。
読み書きではなく、あくまで会話を意識した英語である点がポイント。

メール文を読めるようになりたい、といった受動的な英語を学びたいのであれば少し講座の目的とズレがあるかなと思います。

放送内容の構成

以下のような構成で進みます。

ストーリー読み上げ

日本語訳
/単語の確認

ストーリー読み上げ

今日の会話フレーズのポイント解説

会話文に出てきた、英会話で使える表現の解説

会話文の音読


ビジネスのシチュエーション別の使える英語フレーズの紹介


ストーリー読み上げ

ストーリーが実践的で、実際に役立つフレーズや表現が盛りだくさんです。
会話文を1回の放送の中で何回も読み上げるので、頭に入りやすい。その点が易しいです。

こんな人におすすめ

『入門 ビジネス英語』は次のような人におすすめです。

  • TOEICは500-700点台くらい持っているけれど、スピーキングに自信がない人
  • 将来的に仕事で英語を使いたい、または直近で使う予定がある人
  • 英語で会話をする機会が以前あったけれど「うまく話せなかった」という経験がある人

どうやって聴ける?

放送を聴く手段には次の5つがあります。
たくさんの手段が用意されているので、自分にあった聴き方を選びましょう。

  1. ラジオの生放送
  2. ラジオアプリ
    NHKラジオ公式アプリの「らじる★らじる」
    他の民放ラジオも聴ける「radiko」
    の2つが代表的です。
  3. NHK語学講座アプリ「NHKゴガク」
    こちらのNHK公式の語学講座専用のアプリで、前週分の放送が7日間のあいだいつでも聴けます。
  4. CD/音声ファイル
    CD付きテキストが1ヶ月分1,752円。
    音声ファイルは「音声ダウンロードチケット」というものを購入する形で、1講座1ヶ月分が990円です。
    NHK出版HP

『入門 ビジネス英語』のお役立ち情報

最後に、『入門 ビジネス英語』に関して役立つ使い方をお伝えします。

テキストに載っている会話文が英作文の素晴らしい教材になる

この講座を受けようと思っている人は、文法や語い力など英語の基礎力は持っている人だと思います。

そんな「リスニングやリーディングはまだできるけど、スピーキングが苦手」な人に足りていないのは発信力です。
つまり、知っている表現や単語がポンと口から出る英語の回路が頭の中にできていない状態。

発信力を鍛えるのには「英作文」が有効です。
(英会話の教材として『瞬間英作文』なんて有名ですよね。)

この『入門 ビジネス英語』のテキストに載っているストーリー文はその英作文の教材として最適。
文章の長さ、単語のレベル、英作文で身につく使えるフレーズの量、どれをとっても中級者向けです。

裏技的な使い方ではありますが、英語を使った発信力を磨きたい人にはぜひおすすめです。

音声を聞いて、文のリズムや抑揚までしっかりコピーする

ビジネスの場で英語を使う場合、雑談と違って「相手が自分の言いたいことを聞き取ろうとしてくれる」ことを期待できません。
相手は、自分が英語を使える前提でやりとりしてきます。

その時に大事なのが、非言語コミュニケーション。
言葉の抑揚や、声のトーン、声の大きさといった、コミュニケーションにおける話の内容以外の部分です。

日本語はこうしたリズムや抑揚といった要素はほとんど重要視されない平板な言語。
それに対して、英語はこうした部分が非常に重視されます。

例えば、聞き取りやすい声ではっきり喋る人が信頼のおける人、握手した時に力強く握ってくる人がデキるビジネスマン、といったようにファーストコンタクトでその人を判断されます。

英会話を勉強していると、ついつい会話の中身ばかりを磨きがちですが、実際はこうした外見的な部分も重要。
第一印象でネガティブな印象を与えてしまうと、それだけでマイナスのスタートとなってしまいます。

僕自身、初めて海外出張に行った時にこうした非言語コミュニケーションの部分を全く準備せずに海外のビジネスマンと接したので、だいぶアメリカ人に舐められました(笑)。
その時は自分もまだ新人だったので、逆に可愛がられてよかったのですが。。

日本人は体格などの面でただでさえ弱く見られがちです。
それを補うためにも、音声を丸ごとコピーするような気持ちで音読しましょう。

オンライン英会話や英会話カフェで学んだ表現を使ってみよう

NHK講座に欠点があるとすれば、単語や文法フレーズのインプットとしては非常に優れているもののアウトプットまではできない点です(ラジオ放送なので当たり前ですが)。

なので週1くらいでも構わないので学んだことをアウトプットする機会を作った方が良いです。
アウトプットは勉強というより学んだことを使う場です。

アウトプットを組み合わせることで以下のメリットがあります。

  1. 分かったつもり、でない本当に使える英語になる
  2. 実際に使った英語は忘れにくい
  3. 英語力の成長を実感できる

あまりお金をかけるべきではないので、
オンライン英会話や英会話カフェの利用が良いでしょう。
英語が得意な友人と話す(日本人でもOK)のも良いです。

おわりに

以上、『入門 ビジネス英語』についてお伝えしました。

『入門 ビジネス英語』は仕事で英語を使う人に一番おすすめしたいラジオ英会話講座です。
(上位の『実践 ビジネス英語』よりもおすすめ。あちらは教養的な学びの方が大きい。)

特に、将来的に英語を使った仕事をしたい人にはぴったりだと思います。
直近でビジネス目的で海外に行く予定があったり、海外の人と一緒になる予定がある人にとっては、週2回という講座のスピードは少しゆっくりすぎますね。

ともあれビジネスに限らず日常会話でももちろん使える英語が学べますので、じっくり少しづつでも英語力を上げていきたい、という人にはぴったりの講座ではないでしょうか。

海外の人とも自信を持って楽しく会話できるようになると、一気に世界が広がりますよ!

それでは、みなさんの人生が前向きになることを祈って!
See you next time!

ABOUT US

ケイタム
1990年2月生まれ みずがめ座 経歴:早稲田大学→音響系EC会社の海外調達部署→Web広告代理店にて広告運用 趣味:音楽、競馬、読書、カメラ、アウトドア、ラーメン屋めぐり 好きなアーティスト:スピッツ/King Gnu/サザンオールスターズ/Fishmans/きゃりーぱみゅぱみゅ/The Beatles/Jamiroquai/Two Door Cinema Club/Oasis/Friendly Fires/Foster the People/Grouplove/ワインレッドの心 好きな馬:キセキ