アッパー系コミュ障の生きづらさについて考えてみる

こんにちは!kei_tamです!

自分に自信はあるんだけど、人間関係がうまくいかないことがあって「自分コミュ障なんじゃないか」って最近思ってる

今回はそんな悩みについて考えてみたいと思います。

僕自身は一般的な「コミュ力が低い」方のコミュ障でした。
一方で「コミュ力は高い方だと思うけど人間関係に悩みがある」という人も実際は多いと思っていて、そちらにはあまりスポットが当たることがないという印象があります。

そういった「アッパー系コミュ障」がなぜ起こるのか、どうしたら悩みを解消できるのかについて考えてみます。

アッパー系コミュ障の生きづらさについて考えてみる

はじめに、アッパー系コミュ障とはどういった状態でしょうか?
心理学的な定義などがあるわけではないので、あくまで僕の見方としてはこうです。

一般的にイメージする「コミュ力が低い」コミュ障とは違い、
「良く話せるし自分に自信も持っている、けれどどこかで他の人とズレている」タイプの人間

こういう「明るいけど、どこか惹かれない」タイプは実際にこれまでの人生の中でけっこう会ってきました。

そういう人に対しては、いい人だし尊敬できる側面があるのは確かなんですが、どこか「距離をおいておきたいな」と思ってしまうんですね。

もちろん人によって合う合わないは大きな個人差があるので一概には言えません。
ただそういう人が抱える人間関係の悩みって「寂しさ」なんじゃないかなと思っています。

なぜ人とズレてしまうのか

これは大人の発達障害の観点で考えると問題が分かりやすいのかなと思います。
大人の発達障害は下記のようにASD/ADHD/LDの大きく3つの症状に大別されます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: pic_about02.png
NHK ハートネット『大人の発達障害ってなんだろう?』より

大人の発達障害についてよく知らない人も、「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉はどこかで聞いたことがあるかもしれません。

実は3つとも根っこは同じで、それぞれ「どの傾向が強いか」の差があるだけということが明らかになってきています。
そのため図で円の重なっている部分がある通り、複数にまたがった症状を持っていることも普通です。

ASDとADHDに関して典型的な特徴を紹介します(LDは明らかな学習困難が伴い、この記事の内容とは性質が異なるので省きます)。

はじめにASDについて、

ASD(自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群)とは

社会的なコミュニケーションや他の人とのやりとりが上手く出来ない、興味や活動が偏るといった特徴を持っていて、自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群といった呼び方をされることもあります。

NCNP病院HPより

「他者との関わり方」に関して良くも悪くもちょっとズレているということです。

続いてADHDについて、

注意欠陥・多動性障害(ADHD)とはどんな病気?

特徴的な症状として、年齢に見合わない「不注意さ」、好きなこと以外に対する集中力がなくほとんど関心や興味を示さない「多動性」、思いついたことをよく考えずに即座に行動に移してしまう「衝動性」が見られます。場に応じてコントロールすることが苦手な状態のため、様々な症状やミスや不注意などの症状が他の人と比べて目立ちやすくなります。

たわらクリニックHPより

こちらは「行動パターン」に関して他の人と比べ変わっている傾向がある人ということですね。

さらにADHDには「多動性ADHD」と「不注意型ADHD」に大別され、それぞれ真逆の傾向が見られます。
端的にいうと、「多動性」はマイペースでやり過ぎて周囲から浮いてしまうタイプ、「不注意型」は繊細で落ち込んでしまうタイプが多いと言われています。

多動性とは体の多動だけでなく、頭の中の多動も含まれるので、「話しすぎてしまう」のもこの多動性にあたります(体の多動は子どもに多く見られ、頭の多動は大人に多くみられる)。

ADHDの有名人というと、スティーブ・ジョブズが有名です。
経営者として彼は超一流でしたが、同時に非常に独善的で自分の考えが絶対に正しく、周りを自分に合わせようとするタイプ、つまり「多動性」の方が強いADHDでした。

多動性の場合「人と違った行動がとれる」ということは自分に自信があるということですし、自分の才能を行動に移すことが積極的にできるので、上手くいけば大成する人も多いのです(スティーブ・ジョブズは極端な例ですが)。

誰にでも発達障害の傾向はある

覚えておいて欲しいのは、こうしたの傾向自体は「個性」として誰もが持っており、その程度の問題だということです。

たとえば不注意型ADHDによく見られる「物忘れが激しい」という傾向。
でも物忘れって誰にでもありますよね。
その物忘れの程度が社会生活に影響を及ぼすほどの重度であれば発達障害の一つADHDとして診断され、障害者手帳が交付されます。

しかし実際には社会生活が困難なほどではないけど、明らかに普通の人より物忘れが多いという人も多くいて、こうした軽度なグレーゾーンの症状を抱える人が潜在的に多くいるという現状があるのです(僕もその一人)。

そして、アッパー系コミュ障が疑われる人は「軽度の多動性ADHDまたはASDの傾向を持っている人」なのかなと考えられます。

発達障害というとコミュニケーションが下手ではたから見て変わっている人、というイメージがありますが実はそうではないのです。

アッパー系コミュ障の生きづらさは「寂しさ」ではないか

さて話を戻します。
発達障害の話を踏まえると「自分に自信がある、コミュ力もある」でもそれを「やり過ぎてしまう・人にうまく合わせられない」傾向がアッパー系コミュ障の原因ではないかと思います。

その結果、相手からしてみると親近感がわかず、少し距離を置かれてしまい寂しさを感じる。

人間関係というとやはり会話が中心になってきますよね。
その会話でいうと「自分の話をし過ぎてしまう」傾向があるのではないかと思われます。

基本的に人間は他人の話は聞きたくないものです。
自慢話ばかりされてつまらないなと感じた経験はきっとあるでしょう。

自分語りを聞きたいと思うのは「共通の話題のとき」「その人のことをもっと知りたいと思っているとき」のどちらか。それ以外の場合は、基本的に自分語りは聞き手にとってつまらないものです。

他愛もない雑談としてのコミュニケーションであれば自分語りもまだ良いですが、人と信頼関係を築く上で自分のことばかり語るのは明らかにマイナスです。

友達はいる。でも本当に仲の良い人ばかり

アッパー系コミュ障の人は他人に対しては積極的に絡めるので、「友達がいない」というパターンは少ないです。

特に同じベクトルを持っている人たちのグループで強固な繋がりを持っていることが多い。
満足できる人間関係は持っているが、狭く深くになりやすいといえます。

そのグループ内では良いのですが、その他大多数の人にとっては親密な関係になりたいという風に思えない。そのため寂しさを感じる、という人が多いのかなと推測しています。

「誘うけど誘われない」状態に近いでしょうか。

特に社会人としてビジネスの世界で生きるようになると、否応にも好き嫌いに関わらず多くの他人と関わることになります。そこで問題を抱えるケースが多いのではないかと。

学生の頃は自分と趣味趣向が会う人とだけ付き合っていればよかったのが、そうもいかなくなってくるので。

どうすれば改善できるか

「自分の意見を挟まずに人の話を聞く」
これに尽きるのかなと思います。

「聞き上手」と呼ばれるやつです。

ポイントは「自分の意見を挟まないこと」です。
たとえ相手の意見に対して「それは違う」と思っても、こらえて相手の考えを肯定してあげること。

たとえ常識に照らし合わせて明らかに間違っていても、です。
「そういう考えなんだね」と一度肯定してあげた上で、自分の考えを伝えるようにする。

そうすることで心理的な親近感が生まれます。

先ほどの話と重複しますが、人は誰しも「自分の話をしたい」「自分を認めてもらいたい」という深層心理があります。

それを満たしてあげることを意識的にしてあげると、グッと人との関係を縮めやすくなります。
そうすれば相手から歩み寄ってもらえるようになり「寂しさ」も減り、ビジネス的な関係もうまくいくはずです。

ただ、自分に自信のない人が自分について人前で語るのが難しいのと同じように、一見簡単に見えて実は習慣を変えることはとても難しいのが現実。

なので意識づけからまず始めてみて、徐々に習慣にしていくというのが良いと思います。

おわりに

それではこの記事のおさらいです。

  • アッパー系コミュ障とは
    「良く話せるし自分に自信も持っている、けれどどこかで他の人とズレている」タイプの人間
  • 原因
    「自分に自信がある、コミュ力もある」でもそれを「やり過ぎてしまう・人にうまく合わせられない」から。発達障害の傾向がある可能性も。
  • 改善方法
    自分の意見を挟まずに人の話に耳を傾けることを意識し、親近感を生み出す。

ここで書いたのはあくまで自分からみた考え方ではあります。

ですがアッパー系コミュ障の自覚がある人は、少しの意識の改善で人間関係の悩みが消えるはず!
そもそもコミュ力に自信がないという人と比べると、ずっと良くなりやすいのかなと思います♪

それでは、みなさんの人生が前向きになることを祈って!
See you next time!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ケイタム
1990年2月生まれ みずがめ座 経歴:早稲田大学→音響系EC会社の海外調達部署→Web広告代理店にて広告運用 趣味:音楽、競馬、読書、カメラ、アウトドア、ラーメン屋めぐり 好きなアーティスト:スピッツ/King Gnu/サザンオールスターズ/Fishmans/きゃりーぱみゅぱみゅ/The Beatles/Jamiroquai/Two Door Cinema Club/Oasis/Friendly Fires/Foster the People/Grouplove/ワインレッドの心 好きな馬:キセキ