[社会人向け]英語学習のオススメ教材 -英会話フレーズ編

こんにちは!kei_tamです!

このブログでは主に英語を学習する社会人のみなさんへ向け、英語学習に役立つ情報発信をしています。

この記事では、
英語を話せるようになりたい社会人にオススメの英語学習教材を紹介します。

こんな人に読んでもらいたい
  • 「受験英語を経験してるし、簡単な文法は分かっているつもり」
  • 「TOEICのリーディングやリスニングはまだできる、でも英会話には自信ない。。」
  • 「仕事しながらだから、英語を勉強する時間がなかなか取れなくて続かない。。」

英会話の勉強はインプットとアウトプットの繰り返し

英語をスムーズに話せるようになるには、インプットの量がものを言います。

特に高校までで習う文法の知識がある人に大事なのは、

「自由に引き出せる英語フレーズを頭の中にどれだけ持っているか」

です。

なぜフレーズの引き出しを増やすことが重要なのか?

詳しくは別の記事
[5分で読める]社会人向け英語の勉強法 -スピーキング編
にて解説していますのでぜひ読んでみてください!

こちらの記事でスピーキングにおける勉強の全体像についても解説しています。

フレーズ学習のオススメ教材

ジャンル
  • 本から学ぶ
  • アプリで学ぶ
  • 映画やドラマから学ぶ

本から学ぶ

オススメ教材
  • 『瞬間英作文』 ベレ出版
  • 『起きてから寝るまで』シリーズ アルク
  • 『遠山顕の英会話楽習』NHK出版

ポイントは、

見開きで片方のページに英語、もう片方が日本語の対訳になっていること

このスタイルの本は、日本語の文を見ているときに
反対のページに載っている正解(英語訳)が目に入らないため学習効率が高いです。

そして重要なのが、

口語に近い表現が載っていること

実践で使いくて英会話を学ぶわけですから、当然生きた英語に近い方がいいですよね。

しかし書店に並ぶ本の中には、あまり現実に即してない表現ばかりが載ってる本も多いです。
表現がカタいというか、正しいけど日常会話で使う?それ?といった表現ばかりだったり。

本を選ぶ基準は簡単です。

生きた英語=自分が日本で普段使っている表現を英語にしたもの

なので、普段自分が使う言葉に近い日本語が英語に訳されている本を選びましょう。

例えば、

「コンビニでなんか買ってこよう」
→ I go buy something to eat at convenience store.

「あの映画昨日までだった!ショック!」
→The movie was ended yesterday! What a bummer!

自分が日常で使う言葉ってこんな感じですよね。
そういった表現で書かれている本がGOODです。

『瞬間英作文』
は正確にはフレーズ本ではありませんが、
この本をしっかり吸収すれば「口からポンポン言葉が出る」回路が頭の中に作られます。

手に取ったことがなければ、一度トライしてみる価値があります!

『起きてから寝るまで』シリーズ
はタイトル通り日常生活のシーンごとに使われる表現が載っているフレーズ集です。

特徴は、くだけた表現がたくさん載っていて、とにかくフレーズが現実の日常会話に近いこと。

「普段自分が使っているラフな日本語を英語にしたらこういう言い回しになるんだ」
という発見の連続があるはずです。

『遠山顕の英会話楽習』
はクオリティの高さに定評のあるNHK語学講座のテキスト。

易しい単語が中心かつ解説も豊富なため、初心者に特にオススメです。
定期発行のテキストなので一冊ずつが薄く、取り掛かりやすいのもポイントです。

アプリで学ぶ

オススメのアプリ
  • Real英会話 (定番ですね)
  • BBC Learning English

こちらも、生きた英語が学べるという視点でチョイスしました。

Real英会話
は言わずと知れた有料フレーズ集アプリ

アプリなのでタッチ一つで日本語の対訳を非表示にしたり読み上げ機能を利用できるため学習効率が高く、
なにより収録されているフレーズが膨大で網羅性がすごいです。

BBC Learning English
はイギリス国営放送BBCの提供するPodcast番組。二人の人物が会話を進める形式のコンテンツです。

第二言語として英語を学ぶ人向けに制作されてはいますが、
ネイティブの人どうしの会話なのでちょっと難易度は高め。

ただ一話10分くらいなので長すぎず短すぎず分量がちょうどよく、
また毎週更新されるので学習ペースもつかみやすいのでPodcastの中ではオススメです。

映画やドラマから学ぶ

NetflixやAmazon Prime、DVDで作品を英字幕で見ながら、
知らないフレーズを書き留めていく方法です。

特にNetflixやAmazon Primeなどは
スマホのタッチやPCのキー操作でパッと英語と日本語の字幕を切り替えられるので良いです!

なにより好きな作品を楽しみながら英語の勉強もできちゃうという点が、
モチベーション維持にもってこいです。

映画やドラマ作品は生きた英会話フレーズそのものです!!

好きな作品があればぜひ活用しましょう

おわりに

ここでは英会話フレーズのインプット学習方法として以下の3つを紹介しました。

  • 本から学ぶ
  • アプリで学ぶ
  • 映画やドラマから学ぶ

社会人になると使える時間が限られますし、
仕事から帰って勉強する意欲があるかという問題もあります。

なので、できる限り自分が興味を持てるやり方で続けられるのがベストです。

ぜひ、いろいろ試す中で自分にあったやり方を見つけてみてください!

それでは、みなさんの人生が前向きになることを祈って!
See you next time!

ABOUT US

ケイタム
1990年2月生まれ みずがめ座 経歴:早稲田大学→音響系EC会社の海外調達部署→Web広告代理店にて広告運用 趣味:音楽、競馬、読書、カメラ、アウトドア、ラーメン屋めぐり 好きなアーティスト:スピッツ/King Gnu/サザンオールスターズ/Fishmans/きゃりーぱみゅぱみゅ/The Beatles/Jamiroquai/Two Door Cinema Club/Oasis/Friendly Fires/Foster the People/Grouplove/ワインレッドの心 好きな馬:キセキ